• showen

衣装とイメージ


私が衣装を作るときに個人的に一番大切にしているのは「イメージ」です。

パフォーマーや演出家が伝えようとする世界観の輪郭を際立たせ、

見る人にとってはその世界に入る入口の一つになります。

実際、舞台には衣装だけでなく、音楽や装置、台詞、

要であるパフォーマンスまで、導入の為の入口がたくさん用意されています。

今から始まる世界がどんな世界なのか、どこへ向かい、

どんな出会いがあって、何が起きるのか。

その中にあって、衣装は主体であるパフォーマーの、

もう一つの皮膚であり、同時に背景でもあり、音楽や台詞でもあります。

それは、音楽や台詞もまた衣装であるとも言えるし、

歌やダンス、動きの一つ一つもまた音楽であり、台詞であるからです。

これら全ての要素がクロスオーバーすると、

そこにある種の特別な魔法が生まれます。

ですからこの「イメージ」をパフォーマーや演出家と

共有するところから衣装作りが始まります。



36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示