• showen

まち針の話


衣装作りにとって針は重要なポイントです。

衣装の場合、分厚いものから薄いものまで、異素材を組み合わせて様々なものを縫います。

主に使う針はミシン針、手縫い針、まち針。

今日はまち針についてお話しようと思います。

まち針というのは、裁断の時はもちろん、仮止めをしたり、

縫い合わせがずれないように止めるものですが、

これが、生地が厚くなると、刺すだけで針が折れてしまう事もあり、

折れた針は、生地の中に置き去りになるので、危険です。

そこでオススメしたいのが、三条みすやの御待針。

そしてクローバー社の洋裁クリップです。

みすやの針の良いところは、曲がることはあっても、折れることはほとんどありません。

鋳物に特殊な調合をされているそうで、良い意味でしなってくれます。

そしてどんな素材でもスッと通ります。

次にクローバー社のクリップ。

これは5ミリを超えるような、かなり厚いものを縫うときに重宝します。

片方が平たいので、ミシンのとき、針の手前までクリップがきても布が浮きません。

たまに、まち針を付けたままミシンで縫う方がいらっしゃいますが、

ミシン針とまち針がぶつかると、どちらも折れます。

場合によっては、ミシンやパーツが破損します。やめましょう。


まち針を使い分けて、素敵なアイテムを仕上げましょう。


119回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

糸の話